更新日

スズメバチの活動時期っていつですか?

福岡県 D.K様

家の庭にスズメバチが1匹いたので、殺虫スプレーをかけて退治しました。

昨年はスズメバチが集団で巣を作ったのですが、駆除してからは全く見なくなりました。

この時期(4月上旬)に飛んでいるスズメバチって、女王蜂なんですか?
それとも、どこかに他の場所に巣があって、飛んできたのでしょうか?

また、他の蜂が飛んでくることがありますか?

昨年巣が作られたのもあって、すごく怖いです。
ぜひ、アドバイスをください。

6月前半までは比較的安全で駆除しやすい。夏以降は近づくと刺される可能性大!

イラスト

春の4月から6月前半までに見かけるスズメバチは、女王蜂です。

春に巣作りをはじめるので、近くで巣作りしている可能性があります。

この時期の女王蜂は、花や木にいる虫を食べたり、たんぱく質を目当てにゴミをあさることがあります。このようにエサを探している場合は、わりと簡単に追い払うことができます。

春は、駆除するのに良いタイミングなのです。冬眠から目覚めたばかりの女王蜂は、体力が落ちていますし、攻撃性も弱まっているからです。

ですが、夏以降に巣に近付くのは厳禁です。巣を守るために、攻撃をしてきます。毎年死者もでていますし、素人の方が自分で駆除しようとするのは、極めて危険です。

逆に、春に見つけてすぐ駆除すれば、夏以降の巣作りを防ぐことができます。

スズメバチが刺すのは夏から秋

スズメバチの1年の活動

スズメバチの活動時期は長く、秋の遅くの11月まで続きます。寒さが厳しい北海道では、10月に終わることもあります。

被害のピークは8月半ば〜10月の半ば(北海道では8月〜9月に被害が集中します)。スズメバチの巣が最大になり、ハチの数も1年でいちばん多くなる時期。最多で2,000匹になる巣も!

この時期は、素人がどうにかできるレベルではないので、自分で駆除しないでプロにまかせましょう。

▶みんなのハチ駆除屋さんに、スズメバチの駆除を相談したい方はこちら。

種類ごとの危険シーズン
攻撃的になる時期
オオスズメバチ 8〜10月
キイロスズメバチ 7〜10月
モンスズメバチ 7〜9月
ヒメスズメバチ 7〜10月
コガタスズメバチ 7〜10月
チャイロスズメバチ 7〜10月
ツマグロスズメバチ 7〜10月

この時期、スズメバチの巣に近づくのは危険です!

なぜ危険なのか?その理由のひとつは「飢え」です。夏の後半から秋にかけて、エサとなる虫が少なくなるのです。エサが少なくなると巣が滅びる危機が高まるので、ハチたちの気が立っています。

攻撃性の強いオオスズメバチ・キイロスズメバチはとくにヤバイです。

攻撃性低めのコガタスズメバチやヒメスズメバチであっても、近づくと威嚇・攻撃してきます。

突然ハチの巣ができていたら、巣の引っ越しかも?
イラスト

また、キイロスズメバチやモンスズメバチは、6〜7割の確率で巣の引っ越しをします。

まだ働きバチの数が少なく敵に襲われやすい初期に安全な場所で営巣し、巣の大きさとハチの数が一定ラインを超えると引っ越すという戦略に基づいています。

「昨日まで巣がなかったのに、巣ができていた!」こんな場合、スズメバチの巣の引っ越しかもしれません。

オオスズメバチの攻撃に、他のハチが警戒!気が立っているので要注意

この時期、オオスズメバチが他のスズメバチやアシナガバチを襲います。なので、スズメバチは守りを固め、とても緊張感が高くなっています。

まさに一触即発。

そんなときに人が近づくと、敵とみなして襲いかかってきます。十分にご注意ください。

スズメバチに出会ったときの対処法と予防法
イラスト

もしハチがいても、大声を出したり手足で追い払おうとすると、ハチを刺激して逆効果です。怖い気持ちをグッとおさえて、静かに・速やかに、その場を離れてください。

  • ・黒い服はさける
  • ・香水、化粧品、整髪料は控える
  • ・肌の露出をなくす
  • ・清涼飲料水はさける
  • ・ハチ駆除用のスプレーを携帯する
  • ・ハチや巣に遭遇しても騒がない

ハチは黒いものや強い匂いに敏感ですので、避けましょう。肌の露出は可能な限り少なくして、刺されるのを防ぎます。

野外や自然が多い場所で過ごすときは、応急処置できるグッズを用意しておきましょう。毒を吸い出すポイズンリムーバー、ステロイド剤、保冷剤などがあると安心です。

もしスズメバチに刺されたら病院へ
イラスト

スズメバチの毒はとても強いので、刺されたらできるだけ早く病院に行きましょう。

蜂毒キニンと呼ばれる発痛ペプチドと活性アミン、そしてセロトニンなど、痛みを生む物質が含まれています。

刺された箇所が腫れた後、吐き気、じんましん、呼吸困難など全身に及ぶ症状があらわれたら危険です。

蜂の毒に対するアレルギー反応(通称アナフィラキシーショック)の可能性もあるので、重大な事態になる前に、病院で専用の手当を受けてください。

スズメバチの巣を作らせない!効果アリの予防法は?
イラスト
  • ・軒下
  • ・屋根裏、天井裏
  • ・庭の木
  • ・床下
  • ・土の中

スズメバチガスを作りやすい場所をこまめに掃除したり、蜂の巣よけのスプレーを吹きかけておきましょう。木酢液でも効果が期待できます。

巣作りが始まる4月までに、対策をしておくと良いですね。

自分でできるか不安な方は、みんなのハチ駆除屋さんにご相談ください。プロがしっかり対策します。

冬:女王蜂だけ冬をこす。働きバチは死ぬ。

イラスト

冬を越せるのは、巣で生まれた新しい女王蜂だけ。もともといた女王蜂、働き蜂、オス蜂は冬を越えることはできません。寿命を迎え、死んでいくのです。

スズメバチは、春から秋にかけての間に、巣作りなどの活動を終えます。ひとつの巣は、1年を超えることなく役目を終えるのです。

春:安全な時期に巣を駆除する方法

スズメバチ駆除のポイント

・日没後にやる
・防護服や厚手の服を着る

ハチ駆除用のスプレーや、殺虫スプレーを巣に吹きかけましょう。

ただしこの方法で安全に駆除できるのは、6月前半までの10センチ以下の巣に限ります。

6月後半以降の大きくなった巣は大変危険なので、専門のプロに頼みましょう。

▶みんなのハチ駆除屋さんに、春の蜂の巣の駆除について相談する。

最後に:スズメバチを見かけたら

スズメバチの活動時期は春〜秋。とくに危険なのが6月後半〜10月です。そうなんです、けっこう長いんです。

とくに、秋になると油断してしまう人が多いので、ぜひ十分に注意してください。

6月後半以降は、スズメバチを見かけたら、自分では刺激しないようお願いします。繰り返しますが、攻撃性が高くて毒も強いので、あぶないです。

また、駆除しやすい春であっても、不安な方はプロの駆除業者に相談されることをオススメします。

みんなのハチ駆除屋さんでは、再び巣を作られないための対策や、他に巣を作られそうな場所についてのアドバイスもしています。

ぜひ安全第一でお願いいたします!

▶みんなのハチ駆除やさんに相談するかたはこちら。お気軽にどうぞ!

ご家族やご近所さんに
被害が出る前に!!

ご自身で退治がムリな場合、私たちがハチ被害からあなたを守ります!

ハチ被害からあなたを守ります。 車に専門機材を積んでお伺いするから安心。信頼の実績40,000件以上の確かな技術力で必ずハチを退治します。 メールで相談する