みんなのハチ駆除屋さん

最短30分でお伺いし、ハチを退治します。 365日年中無休 受付時間7:00〜24:00

秋になっても蜂が家の近くにいます。蜂の活動時期は
いつまでですか?

大阪府 K.N様

10月ですが、我が家の外でハチが飛びまわっています。

夏が終わり、8月が過ぎれば、ハチの活動も終わると思っていたのですが…。
「もしかして、近くに巣があるのかも?」と思うくらい、何匹か元気に飛んでいて、正直不安です。

小さな子どももいるので、なんだか落ち着きません。

ハチって、いつまで活動するんでしょうか?
刺されない、被害にあわないための対策はありますか?

秋のハチは敏感になっています。特にスズメバチに注意!

ハチは、夏が終わっても活動を続けます。

むしろスズメバチは、ある意味では夏よりも秋の方が刺される危険が高い、とさえ言えます。

スズメバチが秋(9月以降)に活発に、攻撃的になる理由は3つあります。

1.新しい女王蜂と、子ども(幼虫)の育成期間。

女王蜂や子どもを守るために、働きバチの数が増加。
子孫を守るために、外の敵に対しても、それまで以上に気が立っています。
当然、近づく人間に対しても敏感に、攻撃的になります。

2.オオスズメバチの襲撃に対する警戒。

オオスズメバチが、巣の中の幼虫や蛹(さなぎ)=豊富なタンパク質を狙って襲ってきます。
そのため、オオスズメバチ以外のスズメバチは、襲撃に対して警戒心が強くなるのです。
キイロスズメバチやコガタスズメバチなどの巣には、巣を守るガードマン役のハチが登場。
ガードマンのハチは、人間が近づいても威嚇してきます。

3.エサとなる虫が減る。

働きバチが、いつもより遠くまで、エサを探しに飛び回ります。
※オオスズメバチは他のハチの巣を攻撃する理由も、このエサの減少に関係しています。
オオスズメバチは、自分よりも動きの遅い、カマキリ、イモムシ、コガネムシ、クモなどを狙って狩りをします。でも、それらの獲物は、夏の終わり〜秋にかけて数が少なくなります。
その代わりに、他のスズメバチやアシナガバチ、ミツバチなどの巣を襲うようになるのです。

これら3つの要素が重なる夏の終わり〜秋には、スズメバチの巣全体がとても神経過敏になっています。

最後に、スズメバチの種類別に、9月〜11月の活動をまとめます。

  9月 10月 11月
コガタ
スズメバチ
巣は最大30センチ。
下旬に新女王蜂が誕生。
巣作りが終わる。
働きバチが多数残っているので注意が必要。
少数のハチが残っている。
キイロ
スズメバチ
巣は発展途上。
攻撃性が高く、要注意!
オオスズメバチに対する警戒が強くなり、緊張状態に。要注意! まだ注意が必要。
吸蜜や交尾のために外を飛び回るハチも。
ヒメ
スズメバチ
巣作りが終了。 少数のハチが残っている。 越冬。活動しない。
モン
スズメバチ
新女王蜂が誕生。 巣作りが終了。 越冬。活動しない。
オオ
スズメバチ
9月下旬から、他の蜂の巣を襲いはじめる。
攻撃性が高く、要注意!
他のハチの巣の襲撃や交尾のために活発に。
要注意!
まだ注意が必要。
吸蜜や交尾のために外を飛び回るハチも。

キイロスズメバチとオオスズメバチには、11月まで注意が必要です。

ちなみにアシナガバチの場合は、8月が巣作りのピーク。
夏(6月〜8月)は攻撃性も高まりますが、8月を過ぎれば危険性は低くなります。

一方、スズメバチは夏が過ぎても、9月、10月、11月と活動を続けます。
夏よりも、敵に対して敏感になっているので、刺される危険性も高くなっています。

特に攻撃的なオオスズメバチなどは、10メートル離れていても飛んできます。
夜は物音や光に敏感に反応するので、扉の開け閉めや車のヘッドライトにも注意して下さい。

また、もしハチが近くにいた場合は、刺されないように以下の点も注意しましょう。

・手などを大きく動かさない、振り払う動作をしない。
・香水やヘアスプレーなど、強い匂いのするものを身につけない。
黒い色の服は避け、できれば帽子をかぶる。

「夏が終わっても、家の近くにハチが飛んでいる」
このような場合、いつも以上に攻撃性の高まっているスズメバチの駆除は、プロに依頼するのが安全です。

みんなのハチ駆除屋さんは、無料で相談を受付けています。
確かな技術力で、凶暴な時期のスズメバチも、安全・確実に駆除しています。

少しでも不安に感じた方、安全・確実にハチを退治したい方は、こちらからご相談ください。